ニュース
» 2006年03月15日 17時11分 公開

AttachmateWRQ、デスクトップ管理ツール「NetWizard 6.0」を販売開始

アタッチメイトダブリュアールキューは、企業のPCやソフトウェアを管理するデスクトップ管理ツール「NetWizard 6.0」を4月14日から販売開始する。

[ITmedia]

 アタッチメイトダブリュアールキュー(以下AttachmateWRQ)は、企業のPCやソフトウェアを管理するデスクトップ管理ツール「NetWizard 6.0」日本語版を4月14日から販売開始する。

 NetWizardは、差分型のソフトウェア配信機能やリモートコントロールによるヘルプデスク機能などを持つPCデスクトップ管理ツール。

 今回のバージョンアップでは、従来から備えるリモートコントロール機能に加え、プリブート作業を可能にするPXE(Preboot Execution Environment)を搭載。これにより、OSがクラッシュしてしまったPCやBIOSレベルでの変更が必要なPCをリモートコントロールで修復したり、Norton GhostなどのOSイメージツールとの組み合わせによってネットワーク経由によるOSインストールが可能となる。

 また、レポート機能としてビジネスオブジェクツの「Crystal Reports」がバンドルされた。NetWizardによって収集された、ソフトウェアのバージョン管理、リソースの使用状況、パッチの適用情況といった資産管理データを分かりやすく把握することができるようになった。Winnyなどが自社の環境で利用されていないかどうかをチェックし、レポート作成後、自動削除するといったことができる。

 管理対象となるクライアントOSはWindows 98 SE/NT 4.0/2000/XP/XP SP2。価格は1ライセンス2200円より。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -