ニュース
» 2006年03月20日 15時49分 公開

ALSI、フィルタリング普及啓発アクションプランに参画

URLフィルタリングで製品提供を行っているアルプス システム インテグレーションは、啓蒙活動とともにアクションプラン参画を発表した。

[ITmedia]

 アルプス システム インテグレーションは3月20日、国内でインターネットの6団体(社団法人電気通信事業者協会、社団法人テレコムサービス協会、社団法人日本インターネットプロバイダー協会、社団法人電子情報技術産業協会、財団法人インターネット協会)に協力し、「フィルタリング普及啓発アクションプラン」に参画することを発表した。

 このプラン参画の背景には、学校や家庭でインターネットを利用を利用する機会が増えている中、子どもが事件や犯罪に巻き込まれてしまう事件が後を絶たない。このため、同社は2004年に夏にも啓蒙を行い(関連リンク)、活動を続けている。

 今回発表されたアクションプランでは、フィルタリング業界6団体及び、フィルタリングソフトメーカー、ISP、ケータイ・PHS事業者、PCメーカーが連携して認知率、利用率の向上を目指していく。

 同社では、URLフィルタリングソフト「InterSafe」を販売しており、この製品ではWinnyダウンロードサイトや山田オルタナティブに感染する可能性のあるサイトをフィルタリングする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -