ニュース
» 2006年04月05日 14時30分 公開

シトリックス、新たなアライアンスパートナープログラムでプラットフォームビジネスの戦略を強化

シトリックスは4月5日、共同ソリューション開発を促進し、アクセスプラットフォーム向けビジネスを拡大する新たなパートナープログラムを発表した。

[ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは4月5日、アライアンスパートナープログラムを一新し、パートナー戦略を強化することを発表した。同社が展開するアクセスプラットフォームビジネスの拡大を図る。

 今回のプログラム改変は、全世界的なパートナー戦略に基づくもの。アクセスプラットフォームベンダーである同社が、ほかの主要ベンダーが所有するプラットフォームと連携することで生まれる新しい市場機会や、パートナーとの共同ソリューション開発で、より高い価値を顧客へ提供しようという取り組み。

 新アライアンスプログラムは、ストラテジックパートナー、ソリューションパートナー、テクノロジパートナーという3つの枠組みで運用される。ストラテジックパートナーは、いわゆるITプラットフォームとしてのソリューションをもつパートナーで、シトリックスのアクセスプラットフォームと連携することで、相互のデマンドを創出しようとするもの。現在マイクロソフト、IBM、HP、オラクル、SAPの5社と協業している。

 ソリューションパートナーは、シトリックスのプラットフォームに対して連携ソリューションを所有し、付加価値の高いソリューションを提供するパートナーで、市場や販売代理店に対するプロモーション、ビジネス開発を共同で推進し、アクセスソリューションビジネスの拡大と活性化を図る。現在、国内で戦略的協業展開しているソリューションパートナーは、ウィルコム、ワイズ、ベリサインなどを含む13社。

 テクノロジパートナーは、シトリックスプラットフォームとの互換性を持つ製品ソリューションを所有し、共に市場に訴求できるパートナーで、現在39社が対象となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ