ニュース
» 2006年04月10日 19時17分 公開

プロトン、情シスの負荷軽減にPC環境クローンソリューション提供

プロトンは24日から「Acronis Snap Deploy」を発売する。この製品は、特定PC環境のファイルイメージを作成し、企業内で大量な同一PC環境構築に一躍買う。

[ITmedia]

 プロトンは10日、システムデプロイをリモート集中管理可能なソリューション「Acronis Snap Deploy」を発表した。4月24日から販売開始する。

 Acronis Snap Deployは、1台のPC上であらかじめ構築されたOSやアプリケーション環境をイメージファイルとして作成し、ネットワーク接続された複数台の同一環境のPCでリモートのシステムデプロイを可能とする。

 この製品提供について同社は、「企業のシステム運用管理はIT化が進むにつれてますます複雑化し、システム管理者は多大な負担を抱えています。ITインフラ構築におけるさまざまな運用管理の中でも、新規に導入したクライアントPCの各種設定作業は膨大な手間と時間が費やされ、システム管理者にとって大きな負担であり、軽減すべき課題となっています」とコメントしている。

 この製品では、直感的な操作を可能とするウィザード形式のインタフェースを特徴としており、デプロイ用のイメージファイル作成から、ターゲット先のコンピュータネットワーク設定を含み、管理機能もすべて専用のコンソール上から行える。

 ほかの特徴としては、ネットワークブートでシステムデプロイが可能な「Acronis PXEサーバ」を同梱、ファイルシステムはFAT16と32、NTFSをサポート、IDEやSCSI、USB、PCカードなどさまざまなストレージデバイスをサポート、同社のプロダクトであるAcronis True Image 8.0,9.0または、Acronis True Image 8.0 Serverで作成したイメージファイルに対応などが挙げられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ