ニュース
» 2006年04月19日 12時11分 公開

企業コンプライアンス強化実現へ、オラクルとEMCが協業

オラクルのコラボレーティブ「Oracle Collaboration Suite 10g」、EMCジャパンのWORMデバイス「Centera」の連携協業が発表された。

[ITmedia]

 日本オラクルとEMCジャパンは4月19日、オラクルのコラボレーティブアプリケーション「Oracle Collaboration Suite 10g」、EMCジャパンのWORMデバイス「Centera」の連携協業を発表した。

 今回の発表では、企業内の内部統制強化のためにドキュメント管理基盤構築を円滑に行うべく、コンプライアンス対策の確立を目的としている。

 協業に至った背景として両社では、個人情報保護法やe文章法、日本版SOX法の導入が決定されたことにより、企業の内部統制強化がますます重要な課題となっていることを挙げている。社内文書管理を厳格に行うためのIT基盤が必須となることが急務であることにも触れ、セキュアな一元管理を実現しながらも、ユーザー間のデータ共有や活用が両社のコラボレーションによって実現できるものとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ