レビュー
» 2006年04月27日 09時00分 公開

帯域幅の拡大が性能向上につながらない理由ホワイトペーパー

一般に、帯域幅の枯渇がアプリケーションの性能向上につながると考えられているが、それは「神話」にすぎない。必要なのは、アクセラレーションソリューションだ。

[ITmedia]

 一般に、WAN環境で使用するアプリケーションのパフォーマンスを向上させるには、帯域幅の拡大が有効だと信じられている。だが、これは正しくないことが多い。なぜなら、帯域幅は技術革新により大幅に拡大しており、十分に余裕があることが多いからだ。また、初期のTCP環境では輻輳が発生した場合、伝送速度を低下させる必要があると言われていた。だがこれは、適切なトラフィック監視システムが稼働していれば解決可能だ。

 このようにネットワークの世界では、もっともらしい「神話」が信じられていることが多い。現実には、WAN環境のアプリケーションの性能は帯域幅だけでなく、さまざまな要因に影響される。物理的な要因による遅延、ジッタ、パケットロス、輻輳、非効率なアプリケーションプロトコルの動作など、多数の要素によって影響されるのである。

 ここでは、F5ネットワークスジャパンが提供するアクセラレーションソリューションが、どのようにアプリケーションの性能を向上させるかについて解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ