ニュース
» 2006年06月01日 12時47分 公開

日本旅行業協会、XMLコンソーシアムの協力でTravelXML勧告

旅行業のWebサービスに標準規格が登場。TravelXML勧告によって、旅行業者ごとに異なるインタフェースが標準化されていく可能性がある。

[ITmedia]

 日本旅行業協会とXMLコンソーシアムは、「TravelXML」のXML Schema標準化を終え、実用フェーズへと移行していくことを発表した。

 今回発表されたTravelXMLは、旅行業界における電子商取引の標準規格「TravelXML 1.4」を指し、勧告発表を行ったもの。この標準規格は、旅行業界内における電子商取引を推進することを目的として、XMLコンソーシアムの開発協力で実現された。

 TravelXMLは、従来まで各旅行会社が独自に定義をしていた「旅行業EDI」の仕様を標準化できたことが大きなところ。

 また、インターネットとXMLが相乗となり、国内はもちろん海外の宿泊施設やツアーオペレータ、旅行業者などをリアルタイムで結ぶことができるという。これにより、業界全体のシステム効率化が見込めるとしており、スピード向上と、コストダウン、サービス向上が実現できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ