ニュース
» 2006年06月12日 07時00分 公開

トレンドに傾注するMSのハードウェアはモックからリアルへ (1/2)

Microsoftが2006年5月にシアトルで開催した年次イベントWinHECでは、目新しいハードウェアテクノロジーの発表はほとんどなかったが、これまではモックアップしか披露されていなかった一部のテクノロジーの進展を示すデモが行われた。

[Paul DeGroot,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Windows Hardware Engineering Conference(WinHEC)2006冒頭の基調講演で、Microsoft会長のBill Gates氏はコンピュータ業界において引き続き見られる4つの傾向を指摘した。これらの傾向とは、フォームファクタの小型化と新しいモバイル機器の登場、ユビキタスなワイヤレス接続、64ビットやマルチコアなど抜本的なプロセッサデザインの変更、さらなるブロードバンドの普及と高速化である。

 Gates氏は、同氏が言うところの“64ビットCPUへのスムーズで速やかな移行”がIT業界で進んでいることを高く評価し、2009年末までにはサーバ、デスクトップ、ポータブル市場を流通するすべての機器がx64プロセッサおよびマルチコアプロセッサ搭載マシンとなることを示すグラフを見せた(このグラフでは、x64サーバの流通率が100%になるのは2007年末とされている)。

トレンドを捉えたハードウェア技術

 今回のWinHECでは新しいハードウェアテクノロジーの発表はほとんどなかったが、Gates氏が述べた傾向を反映するいくつかの新製品が披露された。

新しいフォームファクタ

 Microsoftがコード名でOrigamiと呼んでいたUltra-Mobile PCは、2005年のWinHECでは単なる飾り物のモックアップしか用意されていなかった。今年のWinHECではSamsungやAsusを始めとする数社のメーカーが既に生産を開始しているか、間もなく生産を開始できる体制にある。

 あるセッションではこれらのデバイスを使って、音声通信や教育、ゲーム、GPSナビゲーション、医療、自宅の家電等の遠隔制御、車のダッシュボードへの組み込みシステム、ポータブルメディアプレーヤーなど、ニッチ市場を開拓できる可能性を示した(2004年秋に発表されたPortable Media Centerは、今回のWinHECではほとんど取り上げられなかった。Portable Media Centerの市場受けはこれまでのところあまりよくない)。

 また、SideShowのデモも行われている。SideShowは、メインのディスプレイとは別の小型ディスプレイにコンピュータのデータを表示するテクノロジーである。このデモではフォトフレームのようなディスプレイに、一連のデジタル写真とともにアラートや受信した電子メールまたはインスタントメッセージなどが表示していた。

 また数社のメーカーが、Super FetchやReadyBoost、ReadyDriveといったWindows Vistaの機能を利用するハードウェアを開発しており、例えばSamsungはReadyDriveを利用したハイブリッドドライブを紹介している。Super Fetchは頻繁に使用するアプリケーションやデータをメモリにキャッシュする機能で、ReadyBoostはUSBフラッシュドライブなどの外部メモリを作業メモリとして使用できるようにする機能だ。ReadyDriveは、フラッシュメモリを内蔵した“ハイブリッド”ハードディスクを用意し、このフラッシュメモリを利用して起動時間の短縮や、ハードドライブが必要とする電力量の削減、コンピュータが停止した場合のデータ喪失のリスク縮小を図るテクノロジーである。

携帯でのVoIP通信の支援

 Vistaに搭載されるWindows Rallyと呼ばれる機能は、ネットワークテクノロジーを組み合わせたもので、ワイヤレスネットワークのセットアップおよびワイヤレスデバイスの使用の支援を目的としている。同機能の基盤となる技術は、UPnP(Universal Plug and Play)拡張や、デバイス向けWebサービス、Windows Connect Nowと呼ばれるピアツーピアネットワークテクノロジーなどである。

 Windows Rallyは、ホームネットワーク上のデバイスのセットアップとほかのデバイスの検出を簡素化する。また、ワイヤレス対応のMTP(Media Transfer Protocol)も実装する。MTPは、もともと音楽プレーヤーなどのポータブルデバイスのコンテンツとWindows PCのコンテンツの同期を目的としてMicrosoftが開発したデータ転送技術である。今回のWinHECではデジタルカメラからWindows Vista PCへ写真を転送するデモが行われている。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ