ニュース
» 2006年06月14日 17時30分 公開

EMCジャパンとインテル、医療情報電子化ソリューションの普及に向けて協力

EMCジャパンとインテルは、医療情報電子化ソリューションの普及に向けて協力すると発表した。

[ITmedia]

 EMCジャパンとインテルは6月14日、医療業界の情報インフラを強固にし、顧客の情報活用の利便性を高めるため、階層型ストレージを活用したPACS(医療画像システム)基盤の医療情報電子化ソリューションの普及に向けて、協力すると発表した。 

 PACSの利用に向けた医療画像データのデジタル化の必要性を訴求するインテルと、階層型ストレージを活用した高機能PACSによってデータの高速な検索やコンプライアンス対策を実現するソリューションを医療業界に訴求するEMCの両社の考えが一致した

 両社は、インテルアーキテクチャを採用したEMCのストレージをPACS向けに提供し、医療業界の情報インフラの効率化を支援する。顧客は、両社が提供する医療情報電子化技術とEMCのソリューションを活用することで、これまで電子化されていなかった医療カルテやレントゲン写真などのあらゆるドキュメントを電子化し、必要に応じて瞬時に情報を取り出すことが可能になる。

 また、EMCのミッドレンジ向けストレージ「CLARiX」と、アーカイブ専用ストレージ「Centera」を活用することで、情報ライフサイクル管理(ILM)を実現することができ、情報の重要度のレベルにあわせた情報の有効活用が可能になる。

 EMCジャパンは、自社のパートナー企業とともに、PACSにおけるストレージソリューションの提供を医療機関に向けて行う。一方、インテルは医療業界におけるIT化の促進を訴求する役割を担う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ