特集
» 2006年06月28日 09時13分 公開

Leverage OSS:オープンソースCMSの選定 (2/2)

[ Michael-Stutz,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine
前のページへ 1|2       

自分に最適なシステムはどれか

 以下に、Linuxにふさわしいオープンソースの選択肢を示す。なお、目的としてありがちなものから順に並べてある。

「どうしても外せない機能がある」

 選択肢の数を絞るために最初に行うべきことの1つが、SSLやFTPアクセス、または負荷分散といった必要な機能をリストアップすることだ。CMS Matrixには、主要なCMSのすべてについて記録されたそうした機能の全一覧があり、10種類まで並べて比較できる。

 もちろん、検討中のシステムに特定の機能が欠けていれば、その穴を埋めるためのほかのソフトウェアを探すことも可能だ。例えば、phpBBSMFを利用すれば、フォーラムの機能を追加することができる。

「自分の利用している言語が使えるか」

 Pythonを好む人にはZopeがふさわしいだろう。また、Wiki好きの人にはTikiwikiのようなWikiスタイルのシステムがあり、そのほかJavaおよびXMLベースのものとしてはOpenCmsというシステムがある。

 目当ての言語が使われているCMSを見つけるには、Open Source Content Management System Listを参照すればいい。そこには、IRCチャネルを介してほかの人と協力しながらブログを公開できるDaily Chump Botのような興味深いシステムも含まれている。

あのサイトのような外観にしたい」

 すでにお気に入りのサイトがあってその構成や外観を真似ようと考えているなら、それを実行するのは簡単だ。そうしたサイトが利用しているCMSを調べればいい。

 Bricolageは、もともとSalon.comのために作られたものだ。The Onionが好きでフォーラムが必要なら、Drupalをチェックすること。

 最も古くから使われているCMSパッケージの1つとして、われわれの姉妹サイトSlashdotのために書かれたSlashがある。

「ただ単にブログが作りたい」

 巨大なポータルサイトを1日で構築しようとする人はいないだろう。そうした大規模なシステムにはインストールに関する膨大な要素が含まれ、設定と移行にかなりの時間がかかるためだ。ただし、Blosxomのような例外もわずかながら存在する。このシステムでは、15分もあれば利用を開始できる。インストールが容易でそのまますぐに使える(マニュアルも充実している)という点ではPloneが有名だ。

 しかし、簡単なブログを作りたいだけなら、こうしたシステムが持つ連携機能は不要なので、検討中のリストから外してかまわない。それでも、スケジューリング機能は思いがけず役に立つことがある。週末の間、ネットにアクセスしない場合は、前もって幾つかのエントリを書き上げておき、あらかじめ定めた時間に自動的にアップできるのだ。

「自分にはデザインのセンスがない」

 そういう人のために、テンプレートやテーマが存在する。

 テンプレートやテーマが用意されたすべてのシステムでは、デザインを選ぶことになるが、そのままで使えるデフォルトの設定もある。きっと魅力的なテンプレートやテーマの揃ったシステムを選びたいと思うだろう。

 Joomlaは、数多くのオープンソーステンプレートを用意しており、WordPressは、非常に使いやすいだけでなく、多数のテーマを揃えている。また、Textgardenは、Textpattern用のテンプレートを専門に扱っているサイトだ。

「HTMLが分からない」

 こういう人にとって嬉しいことに、オープンソースCMSの多くは(少なくともコンテンツの入力時には)タグの知識を必要としない。とりわけ、OpenCmsはテキストからHTMLへの変換が得意で、WebGUIは視覚的にHTMLを編集でき、TextpatternのエディタTextileは書式の選択に重きを置いてテキストからHTMLへの素晴らしい変換を行ってくれる。

「すべての要素をカスタマイズしたい」

 十分なカスタマイズが行えるCMS環境はそれほど多くはない。どのシステムを使って作られたサイトでも、ページレイアウト、サイトの構成、URLのエンコーディングスキームをはじめ、あらゆる機能やコンポーネントが同じなので違いが見えない、と言う人も中にはいる。

 カスタマイズとは、テーマの選択以上のものである。優れたオープンソースのCMSパッケージには、ユーザーの役に立つルーチンおよびカスタマイズ項目のライブラリが存在する。非常に守備範囲の広いCMSパッケージの1つ、TYPO3(設定を確定させるまでに数カ月かかることで知られる)には数百という拡張機能がある。また、Drupalにも同様のモジュールが存在する。

「ニュースサイト/巨大ポータル/ディスカッションフォーラムの立ち上げを予定している」

 CMSの中には、ある特定の種類のサイトにより適したものがある。例えば、XOOPSはポータル向きで、Cofaxはオンラインの新聞サイト(Knight-Riddlerサイトにはこのシステムが使われている)の処理に秀でている。Cofaxは新聞スタイルのWeb公開のための素晴らしい機能を備えており、記事を複数の欄に対応付けられるので、1つの記事が複数のカテゴリに対して同等の関連性を持つのに1つの分類に決めなければならない場合に生じる階層構造の欠点をカバーすることができる。

 もう1つ、この類のCMSで優れているのが、WYSIWYG方式の編集およびスケジューリングが可能で、複数の作成者およびサーバに対応しているApacheのLenyaである。

 Geeklogは、コミュニティーフォーラムを持つニュースブログにふさわしく、Mamboは、より小規模なサイトに適している。印刷版とオンライン版の両方を出版する場合は、Bricolageを調べてみるといい。このシステムは、印刷用のPDFも含めてさまざまなフォーマットの出力が可能だ(同プロジェクトによると、Macworldなど実際の出版業界で多数利用されているという)。

まとめ

 CMSの実現にあたっては優れたオープンソースの選択肢が数多くある。こうしたシステムのすべては基本的に同じ原理で動作するが、詳細はかなり違っている。あなたのプロジェクトに適切なものを選ぶには、自分が何を探し求めているかを知り、その必要性と優先順位の折り合いをつけてから、実際に幾つかを試してみることだ。

関連キーワード

Leverage OSS | CMS | オープンソース


前のページへ 1|2       

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -