ニュース
» 2006年07月04日 07時00分 公開

XPロゴより高いハードル、Vistaで厳格になるソフトウェア認定 (3/3)

[Greg DeMichillie,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版
前のページへ 1|2|3       

不必要な再起動を削減
 認定アプリケーションはVista再起動マネージャをサポートしなければならない。この機能は、実行中のアプリケーションやサービスを特定し、それらが使用しているコンポーネントにパッチを当てる必要がある場合、アプリケーションを一時的にサスペンドして、コンポーネントやサービスを停止し、パッチを適用した後、アプリケーションを再スタートする。この間、再起動の必要はまったくない。テストプロセスでは、再起動マネージャのメッセージをアプリケーションに送り、アプリケーションがシャットダウンして正常に再スタートできるかどうかを検証する。

Vistaロゴプログラムのメリットと課題

 Vistaロゴプログラムには、これまでのプログラムと同様に以下のメリットがある。

  • Windows Marketplace Webサイトに参加できる(認定アプリケーションとして広く認知される)
  • Windows Vista関連冊子に割引価格で広告を掲載できる
  • Microsoftのプレスリリースなどで紹介されるなど、さまざまなPRの機会が得られる
  • Microsoftのパートナープログラムのポイントになり、開発者はさらに高いレベルの認定に向けて進むことができる

 Microsoftが見込み客にロゴの価値を認識させることができれば、購入の意思決定の重要な要素になるだろう。ただし、そのためには、Microsoftに克服すべき課題がいくつか残されている。

プログラムの価値を確立する
 従来のロゴにはほとんど威厳がなく、Certified for Windows Vistaプログラムも、少なくとも当初はユーザーから同じように見られるだろう。Microsoftは、例えばアプリケーションがインストールされたとき、オンラインデータベースをチェックして、そのアプリケーションが認定されたものかどうかをユーザーに知らせるなど、認定アプリケーションに注目を集める仕掛けをWindowsに組み込むことは可能かもしれない。ただ、同社は「優良製品認定シール」的な戦略で、認定されないISVを疎外するような方法は採らない考えだ。

認定アプリケーションの開発を容易にする
 認定アプリケーションの数を増加させるためにMicrosoftが打てる最善手は、開発を容易にすることだ。Windowsインストーラパッケージは複雑で、難しいと評判が悪い上、Microsoftが提供する開発ツールもほとんど役立たない。もしMicrosoftの開発ツールがデフォルトで認定要件に準拠するアプリケーションを作成できるなら、認定アプリケーションは劇的に増加するだろう。

アメとムチのバランスを取る 
ロゴプログラムがあまりにも厳格だと、開発者たちは認定を受けることをわずらわしく思うだろう。逆に、従来のプログラムのように厳格さに欠ければ、認証アプリケーションの数ばかりが増えて、ロゴの威光はなくなる。新しい認定要件を検討するにあたって、Microsoftはサードパーティや自社のOffice部門の開発者などからフィードバックを求めた。同社はそれらの意見を参考に認定要件の一部を緩和したが、一方で多くの部分を厳格化し、ユーザーにとってロゴプログラムの有用性が高まる方向へシフトした。開発者とユーザーの利益をバランスさせることは難しい。だが、適正な形で両者のバランスを取ることは、プログラムを成功させるために避けることはできない。

検証テストを厳しくする
 Windowsの一部として配布されるプログラムであっても、認定を受ける必要がないわけではない。Movie MakerやWindows Media Playerなどのアプリケーション、あるいはAdobe Flash PlayerやAcrobat Readerなどのサードパーティのアプリケーションやアドインもまた、ユーザーがアプリケーションを選ぶ場合のガイドラインに準拠していることを示すために認定を受けるべきだ。例えば、Movie Makerなどの付属アプリケーションは、ユーザーがビデオの編集やDVDの作成などのために、もっと高機能なサードパーティのアプリケーションを選択した場合は、問題なくアンインストールできなければならないだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ