ニュース
» 2006年07月12日 08時11分 公開

Sun、ブレードサーバなど新製品3機種発表

4ウェイサーバの「Sun Fire X4600」、ハイブリッドデータサーバ「Sun Fire X4500」、ブレードサーバの「Sun Blade 8000」を発表。いずれもAMD Opteronを搭載する。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは7月11日、x64サーバの新製品発表した。4ウェイサーバの「Sun Fire X4600」、ハイブリッドデータサーバ「Sun Fire X4500」、ブレードサーバ「Sun Blade 8000」の3種類で、いずれもAMD Opteronを搭載し、OSはSolaris 10のほかLinuxとWindowsに対応している。

 X4600は業界で唯一、4Uの筐体1台で最大16ウェイまで拡張できる4ウェイサーバ。HP ProLiant DL580G4などのIntel Xeon MPベースシステムに比べてパフォーマンスは2倍強、密度もHP ProLiant DL585の2倍になるとしている。東京工業大学はスーパーコンピュータ構築のために650台以上のX4600を導入済みだという。

 X4500は4ウェイサーバを組み合わせたハイブリッドデータサーバ。業界最高のスループットをうたい、7インチのラックスペースで最大24Tバイトのストレージを提供し、1Gバイト当たり2ドルという低コストを実現した。

 Blade 8000はハイエンドのx86コンピューティング専用に設計され、最先端のラックマウントサーバ並みのパフォーマンス、価格、柔軟性と、ブレードサーバの便利さ、効率性を特徴とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -