ニュース
» 2006年07月26日 08時18分 公開

Yahoo!とSymantec、ネットセキュリティサービスで提携

Microsoftへの対抗姿勢を強めているYahoo!とSymantecが手を組んで、コンシューマー向けに共同ブランドのセキュリティサービスを提供する。

[ITmedia]

 米Yahoo!とSymantecは7月25日、インターネットセキュリティサービスに関する提携を発表した。各国で共同ブランドのサービスをコンシューマー向けに提供する。

 同日からダウンロード提供を開始した「Norton Internet Security provided by Yahoo!」は、ウイルス対策の「Norton AntiVirus」とファイアウォールの「Norton Personal Firewall」をセットにしたオールインワンのセキュリティスイート。不正侵入防止、ウイルス、スパイウェア、スパム遮断などの機能が盛り込まれている。

 トライアル期間の30日間は無料で利用でき、その後1年間のサブスクリプション料金は特別価格で49.99ドル。Yahoo! Toolbar、Yahoo!検索などのネットワークを通じて宣伝に当たる。

 両社ではこのほかにもSymantecのセキュリティサービスとYahoo!サービスを組み合わせた一連のツールを提供する。Yahoo! Toolbar向けのスパイウェア対策ツール「Norton Spyware Scan for Yahoo! Toolbar」は間もなく提供開始予定。

 SymantecのサイトではNortonシリーズのセキュリティサービスとYahoo! Toolbarを組み合わせた「Symantec Yahoo! Toolbar」を配布している。

 Yahoo!が英BTなどと共同ブランドで提供しているブロードバンドインターネットサービス向けセキュリティサービスの「Yahoo! Online Protection」でも、Norton AntiVirusとNorton Personal Firewallを提供する。

 セキュリティ業界では、Microsoftがコンシューマー向けの会員サービス「Windows Live OneCare」を打ち出すなどして進出を拡大し、Symantecなどのセキュリティソフトメーカーが対抗姿勢を強めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -