ニュース
» 2006年08月02日 07時10分 公開

携帯電話ウイルス「Commwarrior」に新バージョン

MMSとBluetoothを経由して感染する携帯電話ウイルス「Commwarrior」の新バージョンが発見されたが、今のところ急激な感染拡大の恐れは少ないという。

[ITmedia]

 フィンランドのセキュリティ企業F-Secureは8月1日、携帯電話ウイルスCommwarriorの新バージョン「Commwarrior.Q」が発見されたとの情報を公開した。

 このCommwarrior.Qは、従来のCommwarrior.Cをベースに進化したものとされる。BluetoothやMMS(マルチメディアメッセージングサービス)によるメッセージ送信で感染し、メモリカードを侵食するのはCommwarrior.Cと同じだが、その上、感染した携帯電話内のあらゆるSISファイルを見つけ出して侵食する。その結果、感染した携帯電話を使って、ユーザーがゲームなどを誰かと共有しようとした場合、そのゲームのインストーラーを経由してCommwarrior.Qを共有してしまうことになる。

 Commwarrior.Qに感染すると、携帯電話の画面に「Surprise! Your phone infected by CommWarrior worm v3.0」と表示される。F-Secureでは、この画面によって感染したことが分かるため、ウイルスの急激な感染拡大の恐れは少ない、と見ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ