ニュース
» 2006年08月02日 19時47分 公開

インフォマティカとハイペリオン、グローバルOEMパートナーシップを締結

Informaticaは7月20日、企業パフォーマンス管理ソフトウェアを提供するHyperion SolutionsとグローバルOEMパートナーシップ契約を締結したと発表した。

[ITmedia]

 データ統合ソリューションを提供するInformaticaは7月20日、企業パフォーマンス管理ソフトウェアを提供するHyperion SolutionsとグローバルOEMパートナーシップ契約を締結したと発表した。

 Hyperionの顧客企業は、Informaticaのデータ統合プラットフォーム を利用することで、さまざまなデータ ソース(データウェアハウス、ERP、CRM、レガシートランザクションシステムなど)とHyperion System 9を統合することが可能になる。

 今回のOEMパートナーシップにより、Hyperionの顧客企業はSAP、PeopleSoft、SiebelなどのERPシステムとの双方向同期を実行するためにPowerCenter Connectを活用するだけでなく、Informatica PowerCenter のデータ統合プラットフォームも利用することが可能になる。

 なお、Informaticaのマーケティング、ライセンス提供、サポートに関しては、Hyperionのブランドで行われる。Informaticaの技術を採用したHyperion製品の日本での出荷は、2007年以降を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -