ニュース
» 2006年08月17日 07時00分 公開

ここまで変わるVista/Longhornのネットワーク、残る課題は? (3/5)

[Michael Cherry,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

ネットワーク構成の一元管理を強化

 Windows VistaとLonghorn Serverにおける管理機能面での強化点は、IPv6(Internet Protocol version 6)のネイティブサポート、新しいワイヤレスアーキテクチャ、新しいネットワーク診断フレームワーク、グループポリシーを使用してWindows Vistaのネットワーク構成を一元的かつ定期的に管理する機能が挙げられる。

IPv4とIPv6の統合

 新しいTCPプロトコルサポートでは、これまで独立していたIPv4とIPv6のプロトコルスタックを、共通のフレーム層とトランスポート層を共有するデュアルIPレイヤアーキテクチャに統合している。これにより、IPv4とIPv6の両方に対応するアプリケーションの開発が容易になる。

 既定でIPv6が有効になり、IPv4とIPv6の両方の構成を1つのダイアログボックスから設定できるようになるため、IPv6の展開と管理作業が簡素化される。

新しいワイヤレスアーキテクチャ

 Windows Server 2003とWindows XPでは、ワイヤレス接続インフラストラクチャは、イーサネット接続をエミュレートするデザインだった。Longhorn ServerとVistaでは、IEEE 802.11(Wi-Fi)ワイヤレス接続のソフトウェアインフラストラクチャは、有線接続に使われるIEEE 802.3とは別のメディアタイプとしてデザインされており、ワイヤレス接続の認証、承認、管理を行うコンポーネントが用意される。

 つまり、Microsoftが提供するインタフェースが増え、メーカーやアダプタごとに専用のドライバや構成ツールを用意する必要がないため、ワイヤレスハードウェアベンダーは、これらの機能を各社のワイヤレスネットワークアダプタドライバに(重複して)実装する必要がなくなる。

ネットワーク診断フレームワーク

 Windows VistaおよびLonghorn Serverでは、拡張可能な新しい診断フレームワークを採用し、ネットワーク接続の問題の解決と復旧を支援する。TCP/IPベースの通信の場合は、ユーザーに一連のオプションを提供して、考えられる原因を絞り込み、問題の根本的な原因を特定(または、考えられる原因がすべて該当しないことを確認)できるようにしている。このネットワーク診断フレームワークでは、以下を含めて200を超えるエラーの原因を診断することができる。

  • IPアドレスが正しくない
  • デフォルトゲートウェイ(ルーター)が利用できない
  • デフォルトゲートウェイが正しくない
  • NetBT(NetBIOS over TCP/IP)名前解決エラー
  • DNS設定が正しくない
  • DHCPクライアントサービスが実行されていない

ポリシーベースのネットワーク管理

 Windows Longhorn ServerおよびVistaでは、グループポリシーを使用して、以下の設定を一元的に設定・管理できる。

QoS(Quality of Service)
 QoSポリシーを使用すると、送信ネットワークトラフィック全体の伝送レートを指定したレート以下に制限できる。伝送の優先順位を指定するには、DSCP(Differentiated Services Code Point)値によりトラフィックをマークし、ネットワークインフラストラクチャ内のルーターが、DSCPによりマークされたパケットを優先順位が付けられたトラフィック用のキューに配置できるようにする。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ