ニュース
» 2006年09月01日 07時00分 公開

OneNoteがOfficeの新しい顔に、使い勝手は自然なノート取りへ(2/4 ページ)

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

より柔軟なデータ整理を実現

 OneNoteは、Windowsのファイルシステムをユーザーから隠すようにデザインされているため、初期バージョンにはWindowsユーザーを長年混乱させてきた不可解な仕様がある。つまり、すべてのノートブックの入力データは、拡張子が.oneである1つのファイルとして“マイノートブック”フォルダに保存されるが、複数のノートブックを作成することはできない。代わりに1つのノートブックを複数のセクションに分割する必要がある。また、このようなシステムでは、.oneファイルが壊れた場合、OneNoteのすべてのデータは失われてしまうため、データ喪失のリスクも高くなる。

 この制限がOneNote 2007では取り除かれる。OneNote 2007では、必要な数だけノートブックを作成でき、ファイルシステム内の任意の場所に保存できるようになる。OneNoteが目指す紙のノートのような使い勝手という点では、新しいインタフェースのノートブックバーを使用することで、ファイルシステムを使わないノートブック間の移動を実現している。

 またOneNote 2007では、ドラッグアンドドロップ機能の強化や、ノートブックセクション内のページにセクションのタイトルではなく各ページ固有のタイトルを付けられるようになった。

ノート間の相互参照や音声/画像中のテキスト検索が可能に

 OneNote 2007では、ノートブックに保存しているデータの検索を容易にするための強化も幾つか施されている。特筆すべきは、2つのノート間にハイパーリンクを設定して、ノート間の相互参照が可能になった点だ。また、ファイルシステムに保存されているファイルへのハイパーリンクの設定も簡素化されている。

OneNote 2007でのノート間のリンク設定
 OneNote 2007では、ノート間のリンクが可能だ。この画面はこのページ上のノートにハイパーリンクを設定する様子を示している。まず任意の段落を選択し、これを右クリックして表示されたメニューから“Copy Hyperlink to this Paragraph(この段落へのハイパーリンクをコピー)”をクリックする。
 次に、コピーしたハイパーリンク情報を任意のOneNoteノートブック内の他のノート(テキストまたはインク)に貼り付ける。ハイパーリンクが設定されると、Webページやファイルシステム内の場所へのリンクと同様に、下線が引かれた青いフォントで表示される。
 この画面では、“Spaces Relaunch”という文字に、ほかのノートブックのページへのリンクが設定されている。


 OneNote 2007は、Windows Vistaに搭載されるWindowsデスクトップサーチエンジンを使用して、入力されるデータのインデックスを作成する。したがって、Windows XPユーザーは無償で提供されているWindowsデスクトップサーチアプリケーションをダウンロードする必要があるが(OneNoteを起動するとダウンロードするよう促される)、OneNote 2003で提供されていた検索テクノロジーに比べて、より包括的な検索結果が得られるうえ、パフォーマンスも向上する。

 また通常のテキスト検索に比べて精度は落ちるが、OneNote 2007ではMicrosoft Researchが開発したテクノロジーを使用して、オーディオストリーム中(ビデオの音声など)の語句や、画像中(スキャナで読み取った名刺やドキュメントにインポートされたイメージなど)の文字列のテキスト検索が可能である。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ