ニュース
» 2006年09月04日 15時13分 公開

オラクル、「Oracle SOA Suite」の開発者向けプレビュー版公開

日本オラクルは9月4日、「Oracle SOA Suite 10.1.3.1」の開発者向けプレビュー版を公開した。

[ITmedia]

 日本オラクルは9月4日、SOA環境を実現する機能を統合した「Oracle SOA Suite 10.1.3.1」の開発者向けプレビュー版を公開した。同時に、SOAに対応した無償開発ツール「Oracle JDeveloper」のプレビュー版も公開している

 Oracle SOA Suiteは、同社のミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」の中から、SOAを構築するための機能を抜き出し、パッケージ化したものだ。

 Webサービスやビジネスプロセスを設計、実行する「Oracle BPEL Process Manager」のほか、Webサービス管理のためのポリシーを一元管理する「Oracle Web Services Manager」、ビジネスルールの管理、実行を行う「Oracle Business Rules Engine」などから構成されている。最新版では、新しく構成された「Oracle Enterprise Service Bus」やWebサービス管理機能も含まれており、SOA導入に要する時間を大きく短縮できるという。

 日本オラクルは合わせて、Java Enterprise Editionの開発者向けプレビュー版も公開する。これまで提供されてきたJava EEやWebサービスの開発機能に加え、BPEL(Business Process Execution Language)やESB (Enterprise Service Bus)の設計機能が加わることにより、SOAアプリケーションの開発を支援するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ