ニュース
» 2006年09月06日 07時00分 公開

“アジャイルイノベーション”に舵を切るMS――開発文化を根本的に見直し(1/4 ページ)

従来型ソフトウェア製品の出荷と新しいオンラインサービスの提供をタイムリーに行う必要性から、Microsoftは自社製品の開発手法の変革を推進している。計画的な製品リリースを実現するには、Microsoftは開発プロセスと文化を根本的に変えなければならない。

[Michael Cherry,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 MicrosoftのCEO、スティーブ・バルマー氏は、Microsoftが開発戦略の軸足を現在の「統合イノベーション」から、今後は「アジャイル(俊敏な)イノベーション」に転換し、リリースサイクルのスピードアップに加え、従来型のソフトウェア製品群と併せて新しいWebベースサービスの提供を推進していくことを示唆している。

 バルマー氏は2006年7月に同社の金融アナリストミーティングで講演し、Microsoftは製品とサービスの提供をよりアジャイルに、予測可能なスケジュールで行う必要があると述べた。しかし、Windowsやそのほかの製品における統合のレベルを下げることは容易ではなく、そのためには、Microsoftは開発プロセスと文化を変えなければならないだろう。

統合イノベーションの光と影

 統合イノベーションは、この10年間の初めの数年間に確立されたMicrosoftの中核的な開発理念の一部だ。ビル・ゲイツ氏はチーフソフトウェアアーキテクトを務めていた時期に、Microsoftのほかの役員とともに、Linuxなどのオープンソースプロジェクトに対するMicrosoftの大きな強みとして、統合イノベーションを盛んにアピールしていた。統合イノベーションとは、Microsoft製品が単にほかのMicrosoft製品を使用したり、その上で動作するだけではないことを意味する。

 Microsoft製品は、相互に主要な機能や技術を活用し合うように設計されている。統合イノベーションを最も単純にとらえると、製品が組み合わされることで、より効果的に機能するということだ。Officeは優れたスタンドアロン製品だが、ExchangeやSharePointなど、Microsoftのサーバソフトウェアとともに使われた場合に、さらに威力を発揮するだろう。

 また、さらに踏み込んで見ると、統合イノベーションとは、製品が同じ技術に基づいて作られているということでもある。例えば、SQL Server 2005の開発過程では、SQL ServerのプロプライエタリなT-SQL言語だけでなく、.NET Framework CLR(共通言語ランタイム)言語でもストアドプロシージャを記述できる機能を追加するために、多大な労力が払われた。

 同様に、Microsoftのすべてのサーバアプリケーションは、サービスの構成と管理に必要な管理スナップインのホストとして、Microsoft管理コンソールを使用するようになっている。

恩恵を受けてきたMicrosoft

 統合イノベーションは、一貫した開発/管理環境などのメリットを顧客に提供してきたが、以下のように、統合イノベーションによって大きな恩恵を受けてきたのはMicrosoftだ。

競争優位
 Microsoftのパートナーやライバル企業は、自社製品をMicrosoft製品と緊密に連携させることができない。例えば、Microsoftはライバル企業と話し合いを行い、プラットフォームが提供するAPIを彼らが利用するのを支援する。だがMicrosoftが、自社のInternet Information Services(IIS)Webサーバのために行ってきたように、Windows上で動作するApache Webサーバの信頼性やパフォーマンスを向上させるために、Windows OSに変更を加える可能性は低い。

新製品の普及促進
 新しい技術を広く普及した製品と統合することは、その技術を新製品として確実に成功させるために役立つ。例えば、OfficeとWindows SharePoint Services(WSS)を統合し、WSSをWindows Serverの一部として出荷すれば、MicrosoftはOfficeとWindows Serverの人気をテコに、SharePointの利用促進を図ることができる。ライバル企業はもとより、パートナーでも、こうした方法で製品を売り込むことはできない。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ