レビュー
» 2006年10月04日 10時30分 公開

ホワイトペーパー:ウイルスチェックを飛躍的に高速化するには?

ネットワークセキュリティ処理において最も負荷がかかるのはアンチウイルス処理だ。アンチウイルス処理を高速化し、さらにアンチスパム機能、URLブロッキングなど、各種ネットワークセキュリティ機能を備えた製品を紹介する。

[ITmedia]

 ネットワークセキュリティを維持するには、さまざまな対策が必要になる。例えば、アンチウイルス、アンチスパム、URLブロッキングなど、さまざまな対策が必要になる。特にアンチウイルス処理は処理の負荷が大きく、高速なアプライアンス製品が求められていた。

 図研ネットウエイブの「WirelessEdge BeSecure」は、ネットワークセキュリティ処理で一番負荷のかかるアンチウイルス処理を高速に実行するセキュリティアプライアンスだ。新方式の「SubSonic技術」を採用することにより、高速スキャンが可能になった。WirelessEdge BeSecureは、このほかに、キーワードブロッキング、ポリシー提供時間制御、管理・リポート機能など多彩な機能を搭載している。

 ここでは、WirelessEdge BeSecureの特徴と機能、メリットなどについて紹介する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -