ニュース
» 2006年10月10日 15時29分 公開

Citrix、ユーザー応答時間モニタリング製品をアップデート

サーバの背後にあるデータベースやアプリケーションで何が起きているのか特定することができる。Citrixは、見えづらい運用状況の把握に着手した。

[Paula Musich,eWEEK]
eWEEK

 Citrix Systemsは10月9日、同社が買収したユーザー応答時間モニタリングソフトウェアをCitrix向けに最適化し、同社のGlobal Citrix Alliance Partner Programを通じて提供を開始したことを発表した。

 去る5月に、Reflectent Softwareおよび同社のアプリケーションパフォーマンスモニタリングソフトウェア「EdgeSight」を買収したCitrixは、同ツールのスタンドアロン版およびCitrix Presentation Serverのパフォーマンスモニタリング専用版を統合化した。

 「EdgeSight for End Points」は、デスクトップやノートPC上で動作するすべてのアプリケーションをユーザーの視点から監視し、「EdgeSight for Presentation Server」は、ユーザーレベルまたはセッションレベルのパフォーマンスモニタリング機能を提供するもの。

 マサチューセッツ州ウエストフォードに本社を置くCitrixで製品マーケティングディレクターを務めるデリック・スレイトン氏は、「これら2つのエージェントは一元的サーバを共有するため、Presentation Serverの背後にあるバックエンドインフラも含めてエンドツーエンドでデータを監視することができる」と話している。

 このソフトウェアは、終端システムからすべてのアプリケーションのパフォーマンスを監視することにより、Presentation Serverアプリケーションに影響を与えているパフォーマンス問題の原因をピンポイントで特定するのを支援するという。

 「ユーザーがReal Playerストリームの配信中に、Presentation Serverから提供されるSAPを利用できないという場合もあるだろう。当社の製品は、ユーザーのPC上で行われている処理がパフォーマンス低下の原因になっている事実を特定することができる」とスレイトン氏は話す。

 「また、Presentation Serverの背後にあるデータベースやアプリケーションサーバで何が起きているのか把握することも可能だ。Presentation ServerからSAPサーバまでの遅延を監視できるからだ」(同氏)

 EdgeSightは、アプリケーションパフォーマンスの最適化と改善によって、ビジネスユーザーが必要とするサービスレベルを確立するのを支援するための製品。サービスレベルの低下をリアルタイムで通知する機能を備える。

 EdgeSightリリース4.2では、Presentation Serverに関するアラート機能の柔軟性が改善されたほか、Presentation Server用のエージェントが、エンドポイントよりもサーバの管理に適合するよう修正された。

 また、Presentation Serverのパフォーマンスに影響を与えることなく、各サーバのアクティブセッションの数や各サーバのメモリ利用率などのパラメータを監視することも可能だ。

 これまでに約300社のパートナーがEdgeSightの認定を受けているが、Citrixでは、6200社のチャネル/アライアンスパートナーからなるグローバルネットワークの間で広範に採用されるものと期待している。

 価格は、Presentation Serverの同時接続ユーザー1人に付き75ドルで、エンドポイント製品用の接続デバイス1台に付き50ドルとなっている。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ