ニュース
» 2006年11月13日 20時51分 公開

ホワイトボード上の書き込みを即座に共有――NECが災害時向け情報共有システム

NECは、緊急事態が発生した時に、各地の情報や被災地の映像、音声をリアルタイムに共有できる「UNIVERGE 緊急対策会議ソリューション」の販売を開始した。

[ITmedia]

 NECは11月13日、災害や事故などの発生時に、各地の情報や被災地の映像、音声をリアルタイムに共有できる「UNIVERGE 緊急対策会議ソリューション」の販売を開始した。

 UNIVERGE 緊急対策会議ソリューションは、自然災害や事故が発生した緊急時の被害情報収集、共有環境を提供し、迅速な意志決定や指示を下せるように支援するシステムだ。普段から利用しているホワイトボードに書き込んだ文字や絵を読み取り、Web会議システムやウェアラブルコンピュータと連携しながら、ネットワークを介して災害情報を共有できる。また、被災地の映像や音声をリアルタイムに配信することも可能だ。

 特徴の1つは、Webベースのシステムであるため、オフィス拠点間だけでなく社員の自宅PCからもアクセスし、状況の整理や意志決定を進められること。また音声情報に加え文字情報も共有できるため、迅速なアクションが可能になるという。

 システムは、ホワイトボードに書いた内容をデジタルデータに変換するコクヨのホワイトボードレコーダー「mimio Xi」と、アドビのWeb会議システム「Adobe Acrobat Connect Professional」、小型カメラとの接続が可能なNECのウェアラブルサーバ「UNIVERGE WNXサーバ」のほか、日本SGIの連携ソフトウェアから構成される。また、NECのSIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」と連携すれば、電話からWeb会議に参加することも可能だ。

 UNIVERGE 緊急対策会議ソリューションの価格は800万円から。NECでは防災ソリューションの一環として同製品を販売し、今後3年間で500社への導入を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -