ニュース
» 2006年11月28日 22時30分 公開

データ統合をさらに支援、東芝ソリューションがXMLデータベース「TX1」の新版

東芝ソリューションは、データ連携機能や自然言語処理機能を搭載したXMLデータベースの新バージョン「TX1 V2」を発表した。

[ITmedia]

 東芝ソリューションは11月28日、コンテンツ管理システムやデータ統合システムでの利用を想定したXMLデータベースの新バージョン「TX1 V2」を発表した。

 TX1は、RDBが得意とする構造化データだけでなく、電子メールやドキュメントといった非構造化データもXML形式に変換し、システム全体にまたがる一元的な管理や検索を可能にするXMLデータベースだ。テラバイトクラスの大容量データでも高速に検索できる点が特徴だ。

 新バージョンでは、特にデータ統合を支援する機能として、データ連携機能が追加された。RDBやLotus Notesといった既存システムをそのまま運用しながら、データをXML形式に変換してTX1に格納することができる。販売情報や問い合わせ情報、保守情報など、これまで別々のシステムで運用されてきた情報をTX1に集約し、横断的に検索や分析といった処理を実現できるようになる。

 検索方式も強化した。これまで採用してきたNグラム方式に加え、形態素解析方式の検索が行える自然言語処理機能を搭載。単語の意味に着目した検索を行えるようになった。型番などの英数字列はNグラム方式で、長い文章からなる本文などは形態素解析方式でといった具合に両方式を使い分けることで、探したいデータをよりすばやく抽出できる点がメリットとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -