特集
» 2006年12月19日 08時00分 公開

Galleryから自作ガジェットを世界へWindows Liveが魅せる次世代マッシュアップ(2/3 ページ)

[森川拓男,ITmedia]
画面6■評価による並び替え
画面7■アイコンによってどのようなガジェットなのか目安となるだろう
画面8■例えば、Vistaサイドバーガジェットであれば、Vista環境で「サイドバーにダウンロード」ボタンをクリックすればよい

 一覧表示も、画像付きのリストが標準になっているが、画像なしのリストや、画像をメインにしたリストに切り替えもできる。

画面9■キーワード検索で探すのも手だ
画面10■Liveガジェットであれば、Live IDでログインしている状態で「Live.comに追加」ボタンをクリックすれば追加される

 また、そのものズバリのガジェットを探したい場合は、ページ上部の検索窓に希望するキーワードを入力し、「Gallery内の検索」ボタンをクリックしてみよう。該当するガジェットを一発で検索可能だ。現状では日本語キーワードで検索できるものは少ないが、今後増えていくという。

 なお、「ウェブ」ボタンをクリックした場合には、Live Searchが別ウィンドウで表示される。ここから、Galleryに登録されていないガジェットを探すことができるかもしれない。

画面11■それぞれのガジェットの説明を読むこともできる

 さて、このようにして目的のガジェットを探し出したら、一覧からボタンクリック一つで自らのlive.comスペースに追加したり、サイドバーにダウンロードすることができる。

 ダウンロード前にはガジェット名をクリックすることで、詳細情報を見ることも可能だ。同じような動作をするガジェットも多く登録されているので、いちばん自分好みのものを探してみるとよいだろう。

 また、作者名をクリックすることで、その作者が作成したガジェットの一覧を見ることができる。同じテイストのガジェットを見つけることができるかもしれない。

 特に目的とするものがなく、ガジェットを使ってみたいということであれば、「評価ランキング」「ダウンロードランキング」から注目されているガジェットを探すのもよいし、「新着アイテム」から新しいガジェットを探すのもよいだろう。

ガジェットの登録方法

 ガジェットは、従来の複雑なプログラム言語を必要とするアプリケーションとは異なり、JavaScriptを利用するため、簡単に作成することができるのが特徴だ。

 マイクロソフトでは、多くのユーザーにガジェットを作成・登録してもらいたいとしている。ガジェットの作成方法についてはここでは触れないが、オンライン・ムックPlus「Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ」では、その開発手法について詳しく解説しているので参考になるだろう。

 それでは、作成したガジェットはどのように登録すればよいのだろうか?

画面12■作成者のニックネーム登録

 ここではまずWindows Live IDでlive.comにログインしていることを前提とする。ログインされた状態で左メニューの「Gallery に登録」を選択すると、「ニックネームの登録」画面になる。

 ここではまず、ガジェットに作者として表示されるニックネームを登録する。もちろん、日本語入力も問題ない。ニックネームの登録がすむと、Galleryへの登録画面となる。

画面13■「※」印が必須記入項目。ガジェットを効果的にアピールできるよう考えてみよう

 ここでは「登録する項目」を選択する必要がある。「Webガジェット」「サイドバーガジェット」のほかにも「Windowsサーチアドイン」などが選択でき、それによって下部の登録フォームが適したものへと切り替わる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ