Sun、Solarisワームの削除コード提供

Solarisの脆弱性を悪用したワームが出回っていることをSunが認め、削除コードを公開した。

» 2007年03月01日 09時48分 公開
[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは2月28日、Solarisのtelnetの脆弱性を悪用したワームが出回っていることを認め、被害を食い止めるためのスクリプトを公開した。

 Sunは公式ブログでKorn shellスクリプトの「inoculate.local」を公開。感染システム上でこれをルートユーザーとして実行すると、ワームが削除され、telnetサービスを無効にして今後の感染を防止する。

 ブログではSolaris 10とNevadaがワームに感染しているかどうかをチェックするやり方も紹介している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR