ニュース
» 2007年03月06日 11時00分 公開

有線デバイスにワイヤレス+セキュリティ機能を追加する無線ブリッジ――サイレックス

サイレックス・テクノロジーは、有線LANポートを持つプリンタなどの周辺機器に無線LANインタフェースを追加するデバイスを販売開始する。

[ITmedia]

 サイレックス・テクノロジーは3月6日、プリンタなどの周辺機器用の無線LANブリッジ「Wireless Bridge SX-2500CG」を発表した。価格は1万6800円。23日より販売開始する。

Wireless Bridge Wireless Bridge SX-2500CG

 Wireless Bridgeは有線LANのみに対応するプリンタやFA(Factory Automation)といった機器のインタフェースに接続して、無線LANインタフェースに変換する機器。LANケーブルの敷設が困難なオフィス、空港、工場、店舗などで機器間をワイヤレス接続する場合に有効。また、無線セキュリティとしてWPA-PSK(TKIP)とWPA2-PSK(AES)によるデータ暗号化に対応する。

 サポートする無線LAN規格はIEEE 802.11b/g。有線インタフェースとして10BASE-T/100BASE-TX自動認識ポートを備える。

 サイレックス・テクノロジーは、プリントサーバ向け組み込みモジュールやUSB/シリアルデバイスサーバ、指紋認証機器などのデバイスを自社開発・販売するベンダー。SOHOで利用されるインクジェットプリンタ/MFP(多機能周辺機器)のワイヤレス化での需要を見込んでおり、「今後、ワイヤレス技術とセキュリティ技術の進展によって、計測、FAなどPC以外の機器がネットワーク接続する機会が増えていく」(同社)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -