ニュース
» 2007年03月12日 12時22分 公開

ストレージ容量を3倍にするデータ圧縮専用装置の新製品――東京エレクトロン

東京エレクトロン デバイスは、従来よりも圧縮率を向上したストレージ最適化アプライアンス「STN-6000」の販売を開始した。

[ITmedia]

 東京エレクトロン デバイスは3月12日、ストレージ最適化アプライアンス「STN-6000」の販売を開始した。従来モデルより圧縮率を向上させたのが特徴。

米Storewiz製「STN-6000」

 STN-6000は米Storewiz(ストアウィズ)が開発したストレージ圧縮装置で、ネットワークとNASなどのネットワーク型ストレージの間に接続して透過的にデータを圧縮/伸長し、スループットを向上させる。同社によると、平均で現状の約3倍のデータ量を格納することが可能だという。データを圧縮する上で、ソフトウェアの導入やネットワーク構成の変更は必要ない。

 STN-6000では、従来のSTN-5000に比べデータ圧縮率を10%向上させた。また、readキャッシュアルゴリズムを改良して、システムのレスポンスタイムを短縮している。さらに、冗長構成時の管理性やメンテナンス性も改善した。

 価格は、最小構成時で税抜き550万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ