ニュース
» 2007年03月19日 23時18分 公開

NECソフト、「GUARDIANWALL」と「PGP Universal」の連携ソリューションを販売開始

[ITmedia]

 NECソフトは3月19日、メールフィルタリング製品「GUARDIANWALL Ver7.0」とメール暗号化製品「PGP Universal」の連携ソリューションを「GUARDIANWALL+PGPR」として販売を開始する。

 「GUARDIANWALL+PGPR」は、電子メールのフィルタリングと暗号化を実現。まず「GUARDIANWALL」によって、メールサーバを通過するすべてのメールを検査し、保存する。次に「PGP Universal」によって、送信許可がおりたメールのうち個人情報や機密情報を含む重要なメールについては暗号化して外部に送出する。

 これら一連の流れは自動的に連携して行われるため、利用者に対し、暗号化の是非を判断するといった負担をかけることはない。また、クライアント側で先に暗号化してしまうとメールの検査や保存メールデータの監査が難しくなってしまうが、本ソリューションではシステム側で検査・保存した後暗号化する仕組みになっているため、検査や監査に影響を与えることはない。

 価格は50ユーザーで289万円から。NECソフトでは、今後3年間にSIおよび保守を含めて約20億円の売り上見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ