最新セキュリティ脅威レポート2007:昨年の動向から2007年の脅威傾向を予測ホワイトペーパー

情報を不正に得ようとする手口は複雑化し、2006年後半からはマルウェアが急増し始めた。これまでは、ファイルが添付されたメールの大量配信が多かったが、2007年は別の手口が横行すると予想される。ここでは、2007年最新の脅威レポートを紹介する。

» 2007年03月20日 12時03分 公開
[ITmedia]

 2006年後半からマルウェアが急増している。マルウェアとは、ウイルス、ワーム、スパイウェアなど「悪意のあるソフトウェア」のことだ。古典的なものとして「トロイの木馬」があり、2006年はダウンローダーを用いた被害が増加した。傾向として、セキュリティ対策を回避する仕組みを持つものが増えてきている。

 イメージスパム、正規の企業サイトを詐称したリンクを含むメッセージは、添付ファイルがないため受信者に配信されやすく、対策が難しい。メールを使って動画を見るためのプラグインをダウンロードさせようとしたり、「あなたのマシンにスパイウェアがインストールされています。駆除してください」などとニセ物のスパイウェアソフトをダウンロードさせるような、ユーザーの無知につけ込むやり口も後を絶たない。

 マルウェアに対抗するには、まず脅威に関する正しい知識と対策を知らねばならない。ここでは、ソフォスが調査した2006年のインターネット脅威の概観と傾向をレポートし、2007年に向けての対策について、解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR