ニュース
» 2007年03月23日 16時17分 公開

ゼンド・ジャパン、「Zend Platform 3.0 日本語版」をリリース

ゼンド・ジャパンは、PHPのアプリケーションサーバの最新版「Zend Platform 3.0 日本語版」を発表した。4月1日から出荷予定。

[ITmedia]

 ゼンド・ジャパンは3月23日、PHPのアプリケーションサーバ「Zend Platform 日本語版」の最新版となる「Zend Platform 3.0 日本語版」を発表した。4月1日から出荷予定。

 PHP 5.2.xに対応した最新バージョンでは、帳票エンジンのBIRTを搭載したほか、日時や条件を指定してPHPコードを実行できるジョブキュー、PHPの異常な実行をピックアップしてSNMPでリポートする機能(Zend Studio 5.5との連携も可能)などが新たに追加された。また、複数のPHPサーバでセッション情報を共有することで可用性を向上させている。

 製品はPSとESという2つのエディションが用意される。ESがBIRTなどの新機能をすべて備えたフルバージョンであるのに対し、PSは、モニタリングやトラブルシューティングのための機能やコード高速化などのパフォーマンスツールを備えた廉価版という位置づけとなる。

 価格は、Zend Platform 3.0 PSが15万円から、Zend Platform 3.0 ESが50万円から。価格には1年目の年間アップグレードサービスを含む。今月末までに前バージョンを購入したユーザーについては、無償でアップグレードが可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -