KDDI、法人向け共有型イーサネットサービスのエリア拡充

KDDIは法人向け共有型イーサネットサービスを関東・中部・関西で提供を開始する。

» 2007年03月26日 17時09分 公開
[ITmedia]

 KDDIは、関東地区で提供している法人向け共有型イーサネットサービスのエリアに中部、関西を加え、新たに「KDDIインターネット イーサシェア」として4月2日からサービスを開始する。

 KDDIインターネット イーサシェアは、100Mbpsの帯域を複数の企業ユーザーで共有利用するインターネット接続サービス。最大64個までの固定IPアドレスを利用できるほか、24時間体制のサポート、メンテナンスサービスを提供する。

 提供エリアは、東京都と神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、岐阜県、長野県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県の1都2府16県。中部および関西エリアでは、ケイ・オプティコムと中部テレコミュニケーションの広域イーサネットサービスをアクセス回線に利用する。

 月額利用料は、関東エリアが18万4800円(税込み)、中部・関西エリアが20万7900円(同)。別途、初期費用やIPアドレス、ドメイン申請料も必要になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR