KDDI、小規模オフィス向けの携帯電話システムを提供

KDDIは無線LAN対応携帯電話端末を利用した小規模向けの電話システムを5月から提供する。

» 2007年03月29日 18時31分 公開
[ITmedia]

 KDDIは3月29日、無線LAN対応の携帯電話端末「E02SA」を利用した小規模オフィス向けの無線LAN電話システム「ケータイdeコードレスセット」を、5月上旬から提供すると発表した。

システム構成イメージ

 同セットは、オフィスの電話回線に無線ブロードバンドVoIPルータ「SR-53V」を接続するだけで、E02SA端末を子機として利用できる。1台のSR-53Vで最大6台までのE02SAを利用できる。

 E02SAを用いることで、オフィス内ではコードレス子機として外線からの着信を受け取れるほか、複数のE02SA同士で無線LAN内線電話としても利用できる。またオフィス外では、通常のau携帯電話として発着信が行える。

 通話料は、E02SAからSR-53Vを経由して発信する場合は固定電話料金が、au携帯電話として利用する場合は加入する携帯電話料金プランが適用される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR