ニュース
» 2007年04月06日 08時00分 公開

「勝ち組」ERPベンダーの中堅戦略:堅実トップの富士通「GLOVIA-C」 盤石な地位確保へさらなる一手 (1/2)

ヒートアップしている中堅企業向けERP市場。3年連続のシェア1位を走り続けているのは、富士通の「GLOVIA-C」だ。なぜ富士通はトップでいられるのか。

[河田裕司,ITmedia]

 ヒートアップしている中堅企業向けERP市場。この中にあって3年連続のシェア1位を走り続けているのは、富士通の「GLOVIA-C」だ。なぜ富士通はトップでいられるのだろうか? ノークリサーチの調査を基にその秘密を分析していこう。

 まずは富士通のGLOVIA-Cの実績を見てみよう。ライセンス売上金額ベースでは、2005年度は120億円、2006年度の見込みは130億円となっている。前年比としては、8.3%増となっており、「大幅」な伸びではないが「堅調」に伸びていると言える。

 富士通がターゲットとしている市場は、年商50億円〜300億円の中堅・中小企業。特に年商100億円前後の中堅企業に強みを持っている。以下の図は、第1回で紹介した年商500億円未満市場のシェアをさらに年商別に分けたものだ。

 ここでは、年商50億円〜100億円市場、年商100億円〜300億円市場と2つに分けて分析していくことにしよう。

 上図のとおり、富士通は両市場でトップシェアの獲得に成功している。年商50億円〜100億円市場では24.6%のシェアで、続く日本事務器に13.6ポイントの大差。年商100億円〜300億円市場でも同様に24.6%のシェアで、住商情報システムに11.5ポイントの差をつけている。この市場において富士通は磐石の地位を築きつつあると言える。

富士通の3つのアドバンテージ

 では、なぜ富士通はこれだけの実績を出すことができるのだろうか。以下に、富士通の強みを3つのポイントにまとめることができる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -