ニュース
» 2007年04月26日 18時07分 公開

NaClとOSJ、Rails Platformのトレーニングコースを拡充

[ITmedia]

 ネットワーク応用通信研究所とオープンソース・ジャパンは、Webアプリケーション・フレームワーク「Ruby on Rails」のトレーニングコース拡充を発表、4月24日から販売を開始した。

 従来はRailsを使った開発に焦点を絞ったトレーニングコースのみを提供していた両社だが、今回の発表では、Ruby言語やプログラミングの基礎からRailsでのアジャイル開発までをカバーする3コース体系に拡充して提供する。

 新商品ラインアップは後記の通り。

  • Rails Platform Premium(Ruby入門コース)

商品概要:開発環境(初年度アップデートサービス付き)、Ruby・プログラミング入門講習

トレーニング概要:Ruby言語でのプログラミング入門コース。これまでに他言語での開発経験がある方だけでなく、これからプログラミングを始める方にも最適。

価格:12万円

  • Rails Platform Premium(Ruby on Rails入門コース)

商品概要:開発環境(初年度アップデートサービス付き)、Ruby on Rails入門講習

トレーニング概要:Ruby言語を習得済みの方を対象に、Webアプリケーション開発フレームワークRuby on Railsを使ったアプリケーション開発の基礎を学ぶことができる。

価格:19万円

  • Rails Platform Premium(アジャイル開発コース)

商品概要:開発環境(初年度アップデートサービス付き)、Ruby on Railsアジャイル開発トレーニング

トレーニング概要:ハンズオン形式で、Ruby on Railsを使ったアジャイル開発を行う。

価格:22万円

 なお、トレーニングコースのみの提供は個別に対応。また企業単位など、5名以上で同時にトレーニングを受講する場合には、オンサイト開催などの個別対応を実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -