コラム
» 2007年05月04日 09時31分 公開

なぜブログを始めたのか、その継続の秘密――オルタナブロガー伊藤靖氏(2/2 ページ)

[伊藤靖,ITmedia]
前のページへ 1|2       

私にとってブログとは

 始めた当初は、正直に言って、ブログは本や雑誌などの紙媒体を補完するための存在に過ぎなかった。あくまでもメインは本や雑誌などへの執筆で、ブログはその次の存在だったわけだ。ところが、最近はちょっと様子が違ってきている。今は、本や雑誌への執筆よりも、ブログの方に比重が傾きつつある。昔は、半分義務で書いているようなところもあったブログだが、今は自ら進んで楽しみながらブログを書いている。

 それでは、なぜ自ら進んでブログを書くようになったのか。それは、ブログが、いまや私の仕事においてなくてはならない存在になってしまっているからだ。ブログがなかったら、今の私の仕事は成り立たなくなっている。というのも、ブログが、自分自身をPRするという面で大いに役に立っているからだ。顔と名前を覚えてもらうということに関していえば、ブログは間違いなく名刺以上の効果がある。

 仕事をする上で、なくてはならない存在になってしまったブログ。私にとってブログは、日記とも記録とも違う、メモのような存在だと言ってよいだろう。私も人に会ったり、本を読んだり、音楽を聴いたりと、毎日の生活においていろんなことを感じて生きているわけだが、そんな毎日感じたことを、書き留めておくためにブログを書いているというのがピッタリくると思っている。

 特にテーマを決めているわけでもなく、これといってどうしても書きたい内容が毎日あるわけでもない。だけど、その日に感じたことを、ただ気の向くままに書き記しておきたいという気持ちがある。だから、ブログはメモみたいなものだと自分では思っている。

 そのような意味では、私の「おるたなてぃぶ思考+etc」は、オルタナティブ・ブログが掲げている、“ITの「次」が読めるビジネスブログ・メディア”という主旨からは大分外れてしまっている。ITに対するこだわりがないばかりか、ITに関係のない内容の記事がどちらかといえば多い。仕事のこと以外にも、家族のこと、好きな音楽のことなど、プライベートな内容の記事が多いのが私のブログの特徴でもある。こうした書いている記事の内容を見ても、私がブログをメモ代わりに使っていることが分かっていただけるのではないだろうか。

ブロガーとして気をつけるべきこと

 そんな私の仕事の一部にまでなっているブログを、私は今後もできる限り続けたいと考えている。私がブロガーとして日頃気をつけていることも最後に紹介してみよう。

  • できるだけ早朝に書く

 できるだけ時間が許す限り、朝にブログを書くようにしている。夜は、急な仕事や商談のアポが入ったりで、予定通りに時間を取ることが難しい。それに、夜は疲れきっていることもあって、思考回路も鈍くなりがちだ。夜は書くペースがどうしても遅くなってしまう。

 その点、朝は邪魔が入ることもないので、まとまった時間が取れる。自分が早起きさえすれば、確実にブログを書くことができるわけだ。それに、朝の方が思考回路も働いていて、書くペースも速い。ブログを続けたいのであれば、生活を夜型から朝型に変えることをおすすめしたい。

  • 時間がある時は複数本書く

 これは毎日できることではないのだが、ブログを続けようと思うのなら、1日1本と決めてしまわない方がいい。書きたいことと書く時間があるのなら、1日に2本でも3本でも書く習慣をつけた方がいい。

 せっかく書きたいことと時間があるのに、変なこだわりのために書かないなんて、絶対にもったいない。

 ブロガーは、時間がある限り書くのが仕事だと割り切ることが必要だ。

  • できるだけ短い記事を書く

 これは前述とも関連することだが、複数本書くとなるとそれほど長い記事では難しさがある。また、読み手のことを考えても、必要以上に長い記事はできるだけ避けるべきである。

 できるだけ短くて簡潔な記事を書くように心がけたいものだ。

  • 得意なこと・専門分野について書く

 得意なことや専門分野について書くことは、ブログの品質を保つ上で重要なことだ。どうしても目先の時事ネタに飛びつきたくなるところだが、ここは我慢が必要である。

 得意なこと・専門分野について書き続けているうちに、そのブログ特有の空気といったものが生まれてくるからだ。下手に手を広げるよりは、自分の得意なこと・専門分野にテーマを絞った方が効果的だ。

  • できるだけ自分の主張や意見を述べる

 ニュースや他人のブログを引用すると、どうしても客観的に他の記事を紹介する内容になりがちだ。ブロガー本人の主張や意見がないブログは、読んでいても面白くない。

 短くてもいいから、自分の主張や意見を述べておくことは重要なことだ。

 以上、簡単に私の今までの短いブロガー人生を振り返ってみたわけだが、少しでもブログについての参考になればうれしい限りである。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ