ニュース
» 2007年05月29日 18時57分 公開

「このウイルスってどんなの?」を簡単検索できるデータベース、IPA

情報処理推進機構(IPA)は、ウイルス情報のデータベース「ウイルス情報iPedia」を公開した。利用している対策ソフトの種類によらず情報検索が行える。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は5月29日、ウイルス情報の公開データベース「ウイルス情報iPedia」の運用を開始した。ウイルス情報を提供し、感染予防や対策に活用してもらうことで、個人や企業のセキュリティ対策を推進するのが狙いだ。

 ウイルス情報iPediaではWebページを通じて、IPAに届け出られたウイルスやボットなどを中心に、その挙動・動作内容や対処法などの解析結果を公開する。トップページに設けられた検索フォームから、ウイルスの名称やファイル名を元に検索することで、目的のウイルスに関する情報を得ることができる。

 IPAでは、独自に開発した「Zero Hour Analysis(ウイルス等迅速解析ツール)」を用いて受け取ったウイルス/ボットを解析。ファイル名やプログラムの種別、動作内容などを詳細に解析し、その結果をウイルス情報iPediaに登録していく。

 既に複数のセキュリティベンダーがウイルス情報に関するデータベースを提供済みだ。これに対しウイルス情報iPediaでは、製品の種類やバージョンなどを意識せず情報検索が行えること、ベンダーによってウイルスの名称が異なる場合でも複数の名前で検索できることが特徴という。

関連キーワード

ボットネット | IPA | ウイルス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -