ニュース
» 2007年05月31日 16時33分 公開

「World of Warcraft」のユーザー狙うトロイの木馬

MMORPG「World of Warcraft」のユーザーのパスワード情報などを盗み取るトロイの木馬が確認されていることから、複数のウイルス対策ベンダーが注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 多数のゲーマーが参加しているMMORPG「World of Warcraft」のユーザーをターゲットに、パスワード情報などを盗み取るトロイの木馬が確認されていることから、複数のウイルス対策ベンダーが注意を呼び掛けた。

 World of Warcraftは米Blizzard Entertainmentが運営しているオンラインゲームで、全世界で数百万に上るユーザーがあるという。英Sophosによると、このゲームのユーザーを狙ったトロイの木馬「Troj/WowPWS-BB」が確認された。もし感染すると、ユーザーのパスワード情報などが盗み取られる恐れがある。

 Sophosは「この手のトロイの木馬は、感染しても目に見える形で存在を表さない点がやっかいだ」と指摘。被害者が、アイテムをすべて失うなどの異常に気がついたときにはもはや手遅れだとしている。また、オンラインゲームのユーザーを狙う企ては今後も続くだろうと警鐘を鳴らしている。

 一方TrendLabsは、同じくWorld of Warcraftのユーザー名やパスワードといったアカウント情報を狙うトロイの木馬「TSPY_WOW」をインストールさせる悪意あるWebサイトが発見されたとし、注意を呼び掛けている。

 同社によると、悪意あるファイルをインストールさせるWebサイトのURLとして「http://world0fwarcraft.net」や「http://www.wor1dofwarcraft.com」といったものが確認された。ユーザーのタイプミスを狙ってか、World of Warcraftの正規サイトに似たドメインを用いているため、「サイトにアクセスする際には十分に注意を払うべき」としている。

 「オンラインゲームのユーザー数を見れば、マルウェア作者らが、ほかのマルウェアを拡散させるためにゲームの人気を悪用しようと考えることは驚きに当たらない」(TrendLabs)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ