ニュース
» 2007年06月19日 02時11分 公開

企業Webアプリをマッシュアップで構築――Oracle WebCenter

日本オラクルは6月18日、「エンタープライズ・マッシュアップ」をキーワードとするWebアプリケーション開発スイート製品「Oracle WebCenter」を発表した。

[横田貴司,ITmedia]

 日本オラクルは6月18日、Webアプリケーション開発スイート製品「Oracle WebCenter」を発表した。同製品は「エンタープライズ・マッシュアップ」をキーワードに、複数のWebサービスのAPIを組み合わせ、ひとつのアプリケーションとして再構築するもの。複数のWebアプリケーションを切り替えて使用する、という企業は少なくないだろうが、それぞれの機能を統合し、画面の切り替えの煩雑さをなくすことで一連の業務を単一の画面から行うことを可能にし、業務効率を向上するアプリケーションを開発できるという。

Oracle WebCenterの戦略を解説する日本オラクル 常務執行役員 システム製品統括本部長の三澤智光氏

 このようなマッシュアップ開発を実現することにより、サービスの向上と開発コストの低減、およびインタフェースとサービスが分離することによる、変化に強いアプリケーションの開発が可能になるとしている。

 Oracle WebCenterは大きく3つの製品から構成される。

 開発環境としては「Oracle Application Development Framework」が用意されている。「Oracle JDeveloper」を用い、スタンドアロン環境での開発・テスト・デバッグが可能となっている。Oracle JDeveloperを使用することで、パワフルなマシンを用意せずとも軽快に開発が行えることを特徴とするという。

 「WebCenter Framework」はJ2EEやJavaServer FacesをベースとしたWebアプリケーションを運用するためのフレームワーク。JSR168、WSRPをサポートしており、従来のポートレットをそのまま取り込んで使用できる。JSR170、JSR227などの標準技術に対応し、運用効率の向上に役立つという。

開発・運用ポイント 標準技術
アプリケーション JSF Ajax
ポートレット JSR168 WSRP JSR301
コンテンツ JSR170
データモデル JSR227
セキュリティ JAAS WS-Security
コミュニケーション SIP

 「WebCenter Services」は製品に同梱される、そのままアプリケーションに組み込んで利用することができるWebサービス群の総称。コンテンツ管理には「Oracle Content Database」、検索には「Oracle Secure Enterprise Search」が用意されている。また、コミュニケーション関連のサービスに力が入れられていることも特徴となっている。プレゼンスとインスタントメッセージングおよびVoIPを提供する「Oracle Communication&Mobility Server」をはじめ、掲示板サービスの「Jive Forum」、Wikiサービスの「YaWiki」も提供される。

この記事に関連するキーワード

OracleSOA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -