ニュース
» 2007年06月21日 19時41分 公開

ソフトバンクモバイルとイー・アクセス、WiMAXで提携

イー・アクセスとソフトバンクモバイルがWiMAXで協同する。WiMAXに関心のある、あらゆる企業の参加を募るという。

[國谷武史,ITmedia]

 イー・アクセスとソフトバンクモバイルは6月21日、WiMAX分野で提携すると発表した。他社の参加も募り、WiMAXビジネスに必要な技術や財務、ビジネスモデルなどの課題について共同で検証を行っていくという。

 会見でイー・アクセスの千本倖生取締役会長は、「WiMAXは非常に将来性のあるビジネス。だが事業展開や財務面など未知の要素も多く、1社単独で事業を行うにはリスクが高い。孫さん(孫正義ソフトバンク社長)に相談を持ちかけ、まずはお互いのノウハウを一緒に研究することで合意した」と説明した。

提携を発表した千本会長と宮川専務、イー・モバイルのエリック・ガン代表取締役社長(右から)

 ソフトバンクモバイルの宮川潤一専務執行役は、「実証実験から技術面だけでも数多くの課題が見つかり、事業化の難しさを感じていたところだった」と話す。2社がまず手を結んだことについて、「ADSLや携帯電話事業で既存の通信事業者に挑戦する社風がお互いに似ていた」(千本会長)という。

 2社は、これまで単独でWiMAX参入を目指していた。だが、総務省が5月15日に公開した「広帯域移動無線アクセスシステム」の免許方針案では、第3世代携帯電話サービスを手がける事業者の単独参入が規制され、無線免許を交付する事業者にも第3世代携帯電話サービス事業者からの出資比率が3分の1以下であることが求められた。

 このため、2社を含めてWiMAX参入を表明するNTTドコモやKDDIも単独参入が難しいと見られている。総務省案が示した条件を満たしているのは、現状ではWiMAXを計画するアッカ・ネットワークスと次世代PHSの開発を進めるウィルコムだけで、アッカ・ネットワークスはWiMAXの事業企画会社「アッカ・ワイヤレス」を設立した。

 NTTドコモとKDDIは、総務省に対して規制撤回を求めているが、同時に他社への出資や通信インフラを借りてサービスを提供するMVNOなどの形態も含めて、WiMAX参入の可能性を検討するとしている。

WiMAXビジネスの“可能性”を知るためにお互いのノウハウを学ぶ、というのが提携の内容だと2社では説明する

 イー・アクセスとソフトバンクモバイルは、「提携は複数企業で検討を行うための枠組みの第1歩」(千本会長)とし、2社がそれぞれに無線免許の取得を目指すとしながらも、WiMAXビジネスで可能なあらゆる事業形態を検討するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -