ニュース
» 2007年08月22日 08時29分 公開

話した言葉をその場で表示――米ベンチャー、携帯向け音声認識技術をβ公開

vlingoの技術は、ユーザー側が普通に話す言葉をその場で表示できる、高い精度が特徴。同技術を使った地域情報検索アプリがβ公開された。

[ITmedia]

 米vlingoは8月21日、携帯電話向けの音声認識インタフェースを発表した。まず、地域情報検索用のアプリケーション「vlingo FIND」を、Sprintの携帯サービス利用者にβ公開している。

 従来の音声認識技術では、認識できる単語が限られていたり、ユーザー側で話し方を変える必要があったりしたが、vlingoでは、ユーザーが自然に話した言葉をそのまま認識できるのが特徴で、発声した文章が、そのままテキストボックスに表示される。音声入力とキーパッド入力の併用も可能。学習効果があるため、利用が増えるほど精度が向上するという。

 同技術は、大多数の3Gネットワークやマルチメディア携帯に対応可能だという。vlingoでは、地域情報検索のほか、テキストメッセージの入力やWeb検索など、さまざまな用途への応用を視野に入れている。

 vlingoは、米SpeechWorks(現Nuance)の共同創業者マイク・フィリップス氏などが設立した企業。フィンランドNokia出身のデーブ・グラナン氏がCEOを務めている。

関連キーワード

音声認識


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -