ニュース
» 2007年08月23日 08時04分 公開

IBM、買収でWeb会議事業を拡充

IBMは、WebDialogs買収によりLotus SametimeラインにSaaSモデルを導入、サービスの拡充を図る。

[ITmedia]

 米IBMは8月22日、Web会議の米WebDialogsを買収したと発表した。買収金額は非公開。

 WebDialogsは、オンライン会議やコラボレーションサービスの提供企業で、世界中に50万人以上のユーザーを持つ。IBMは、WebDialogsのSaaS(Software as a Service)モデルをLotus Sametime製品ラインに追加することで、より柔軟な形でのWeb会議サービス提供が可能になるとしている。また、WebDialogsでは「オープンAPI」を提供しており、パートナー企業によるカスタマイズや、ほかのアプリケーションへの統合なども可能。

 買収に伴い、WebDialogsはIBMのソフトウェア事業(Lotus部門)の一部となり、サービスはLotus NotesやLotus Sametimeに統合される。

関連キーワード

IBM | 買収 | SaaS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -