レビュー
» 2007年09月06日 13時22分 公開

TCO削減に有効なPCのライフサイクル管理法ホワイトペーパー

PCのTCO(総所有コスト)の80%は購入後の運用コストだといわれている。PCの管理がうまく行われていない場合、その比率はもっと高まる。どうすればいいのか。

[ITmedia]

 市場調査会社のガートナー社によれば、PCの総所有コストの80%は購入後に発生するという。このコストを削減するのに有効なのが、PCライフサイクル管理(PCLM)と呼ばれる手法だ。PCLMは、「準備・配布・管理・廃棄」という4つのフェーズに分けることができる。これらのフェーズをスムーズに行えば、重複した管理業務やITリソースが省け、管理の手間やコストを軽減できる。

 ここでは、日本アタッチメイトが、まずPCLMとはどういうものかを説明し、PCLMの4つのフェーズに取り組む方法やPCの総所有コストを減らせる理由について解説する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ