ニュース
» 2007年09月13日 18時15分 公開

NTT Com、「Arcstar IP-VPN」でIPv6専用接続のトライアルサービス

NTTコミュニケーションズは、一部企業を対象にIP-VPN上でIPv6ネットワークを利用できるトライアルを開始する。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、企業向けIP-VPNサービス「Arcstar IP-VPN」でIPv6接続のトライアルを9月18日より開始すると同時に、トライアルに参加するモニター企業を募集する。将来普及が予想されるIPv6に対応したネットワーク機器やアプリケーションなど、ユーザーが現在のIPv4ネットワークからの移行を視野に入れた幅広い検証を行えるようにすることが目的。2008年8月31日まで実施する。

画像 IPv6接続トライアルのネットワーク構成

 IPv6接続トライアルの接続方式は、エンド・ツー・エンドで専用のIPv6ネットワークを拠点間で構築するネイティブ接続。IPv4パケットは通さない。同サービスのイーサタイプ/NTT Com光アクセス利用型1Mbpsのメニューで提供される。また、ユーザー拠点内のルータやPCを含む接続端末など、v6通信が可能な環境をユーザー側で用意する必要がある。そのほか、VPNは1契約者で1VPN、最大5回線という提供条件が付く。

 参加料金は税抜きで50万円(契約料金、回線工事費が別途必要)。NTT Comは、日本国内の法人企業を対象に募集をかけ、同社で選考した数社程度の参加を予定している。募集期間は9月18日から12月20日まで。提供地域は関東エリアとなっている。参加申し込みは、NTT Comの営業担当経由あるいはフリーダイヤル(0120-105-100)で行う。

 また同社は、トライアルの結果を生かして、IPv4/v6を併用できるデュアルスタック方式の接続サービスの商用化を2008年内に実施する予定だという。

関連キーワード

VPN | IPv6 | NTTコミュニケーションズ | ルータ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ