ニュース
» 2007年06月04日 16時01分 公開

1024拠点のVPN同時接続が可能なアクセスルータ――NEC

NEC、NECインフロンティアは、IPsecベースのインターネットVPNで最大1024の拠点接続、800Mbpsのスループットを可能にする小型アクセスルータを発売した。

[ITmedia]

 NECとNECインフロンティアは、ギガビットイーサネット対応のアクセスルータ「UNIVERGE IX3110」を開発、6月4日より製品の販売を開始した。大規模VPN(仮想閉域網)を構築するセンター側ルータとして最大1024拠点を収容可能な点が特徴。

画像 UNIVERGE IX3110

 UNIVERGE IX3110は、1000BASE-SX/LXのGbEインタフェースを4ポート搭載するVPNルータ。79万8000円と低価格ながら、IPsecベースのインターネットVPN構築時に最大1024拠点との同時接続、800Mbpsのスループットを実現する。

 IPv4/v6デュアルスタック、ルータのピア接続を減らして負荷を軽減するBGPルートリフレクタ機能やMACベースのポート認証機能のほか、冗長電源をサポートする。

 両社は、Webブラウザからインターネット接続などの設定を行えるよう、IX3110のソフトウェア機能強化を7月に実施するという。また、IX3110を6月13日〜15日に幕張で開催される「Interop Tokyo 2007」に出展する予定。

関連キーワード

IPv6 | VPN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ