ニュース
» 2007年09月19日 20時01分 公開

IBM、オフィスソフトウェアを無償で提供

IBMは、オープンなオフィスソフトウェアである「IBM Lotus Symphony」を発表。同社ホームページで無償提供を開始した。

[ITmedia]

 米IBMは9月18日(米国時間)、無償のオフィスソフトウェアパッケージである「IBM Lotus Symphony」を発表した。同日よりホームページでダウンロード提供を開始した。

 同製品は「Lotus Symphony Documents」、「Lotus Symphony Spreadsheets」、「Lotus Symphony Presentations」という3つのアプリケーションで構成される。それぞれ、ワープロ、表計算、プレゼンテーションとしての機能を持つ。複数のファイル形式をサポートしており、「Microsoft Office」や「Open Document Format」(ODF)と高い互換性がある。作成したコンテンツをPDF形式で出力できるのも特徴だ。

プレゼンテーションツール「Lotus Symphony Presentations」表計算ツール「Lotus Symphony Spreadsheets」 プレゼンテーションや表計算ツールとして使うことができる(同社ホームページから)

 動作プラットフォームは、Microsoft Windows XP/Vista、Suse Linux Enterprise Desktop 10、Red Hat Enterprise Linux 5に対応している。Mac OSについては、今後サポートしていくという。

関連キーワード

IBM | Office | OpenDocument Format


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ