レビュー
» 2007年10月15日 10時26分 公開

JBossの可用性を高める「ファーミング」とは?ホワイトペーパー

Javaアプリケーションサーバの可用性を高めるのに有用な手法「JBossファーミング」について、初心者でも導入できるように分かりやすく解説する。

[ITmedia]

 サーバを運用するときの課題の1つが、処理のピーク時にどのように負荷分散を図るかだ。高性能サーバへの置き換えはコストがかかり過ぎる。コストを抑え、かつ高可用性を保つために有効なのが、ソフトウェア的に可用性を高める手段である。

 このホワイトペーパーでは、1台以上のサーバ上で多数のJBossインスタンスを実行するための手法「ファーミング」について、クラスタリングとの違いから具体的なJBossファイルの作成方法まで、初心者でも導入できるように解説している。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ