ニュース
» 2007年10月17日 14時51分 公開

ファイアウォールのポリシーを分析するソリューションが登場

クレディストは、ファイアウォールポリシーからセキュリティホールを自動的に検出するファイアウォールアナライザ製品「AlgoSec Firewall Analyzer」の国内販売を開始した。

[ITmedia]

 SRAと三井情報の合弁会社であるクレディストは10月17日、統合SRM(Security Risk Management)ソリューション「AlgoSec Firewall Analyzer」の国内販売を開始した。

 AlgoSec Firewall Analyzerは、ファイアウォールポリシーからセキュリティホールを自動的に検出するファイアウォールアナライザ製品。Algorithmic Securityが開発/販売する。

 CiscoのPIX、ASA、FWSM、IOSルーターや、JuniperのNetscreen、Check PointのFirewall-1、Provider-1などのファイアウォールアプライアンスに対し、ファイアウォールポリシーのうち、未使用のポリシーやオブジェクトなどを特定して最適化を行う。

 また、ファイアウォールを通過するパケットの種類を自動的に解析し、生じ得るリスクと必要なルールを可視化、必要な対処法などを提示する。加えて、それが社内のセキュリティポリシーに準拠しているか、ポリシーの変更管理がコンプライアンスに準拠しているかなどをリポートとしてまとめる機能も備わっている。

 価格は80万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ