特集
» 2007年10月29日 14時13分 公開

Super Review:Ubuntu 7.10は秀逸なリリース (1/3)

Ubuntuの最新版、Ubuntu 7.10は、新機能と最新フリーソフトウェアアプリケーションを重視した最先端ディストリビューションだ。今回試してみたところ、幾つかの小さな不具合があるものの、素晴らしい新機能を持つ高速なOSだと分かった。

[Jeremy-LaCroix,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 Canonicalが今月Ubuntu 7.10(コードネームGutsy Gibbon)をリリースした。前リリースのFeisty Fawnと同様に、Gutsyは新機能と最新フリーソフトウェアアプリケーションを重視した最先端ディストリビューションだ。今回試してみたところ、幾つかの小さな不具合があるものの、Gutsy Gibbonは素晴らしい新機能を持つ高速なOSだと分かった。

 Ubuntuには大きく分けて3つのバージョンがある。つまり、デスクトップ環境にGNOMEを搭載したUbuntuと、KDEを搭載したKubuntuと、Xfceを搭載したXubuntuだ。そのほかにもUbuntuには派生物があり、フリーソフトウェアのみを含んでいてクローズドソースのコンポーネントを含まないGobuntu(解説記事)や、教室での使用に向いているEdubuntu(解説記事)などがある。

 Ubuntu、Kubuntu、Xubuntuはどれも、以前のバージョンと同じインストール方法を使用している。Ubuntuは、グラフィカルなインストーラがあるライブCDとしてブートすることもできるし、あるいはインストールCD経由でセットアップすることもできる。インストールCDを使うと、テキストモードのインストールの際に詳細なオプションを設定できる。Ubuntu 7.10では、インストールCDを使用してインストールする際に、ハードディスクを暗号化するためのオプションが増えた。ライブCDのインストーラはおそらく、わたしが使ったことのあるオペレーティングシステム用インストーラの中で、最も簡単に使うことができた。

 今回テストマシンとして使用したのは、AMD Athlon 64 X2 3800+ プロセッサと、Nvidia 7300GTビデオカード、2GバイトのRAMを搭載したマシンだ。ただしGutsyを動かすためには、256Mバイト程度のメモリを搭載した標準的なハードウェアを使用すればまったく問題ないだろう。

 今回は、Gutsyの64ビット版をインストールした。ハードウェアアクセラレーションを有効にするためのバイナリのビデオカード用ドライバは、前リリースと同様に、たやすくインストールできた。最初にUbuntuを起動すると、Restricted Driver Managerがバイナリドライバが利用可能かどうかを知らせてきて、希望すればインストールできるようになっていた。UbuntuはわたしのマシンのNvidia GeForce 7300GTをすぐに検知した。ドライバを有効にしてマシンを再起動すると、ビデオカードの機能をフルに利用できるようになった。

 Ubuntu 7.10では、システムにインストールされているビデオカードがハードウェアアクセラレーションをすぐに利用できる状態になっていれば、3D画面効果を可能にするCompiz Fusionが自動的に有効になる。そうでない場合には、次回バイナリドライバをインストールした状態でコンピュータを起動したときに、自動的に3D効果が有効になる。3D効果には2つのレベルがあり、デフォルトの「Normal」レベルでは、使用する資源を最小限に抑えるために一部の効果(コンポジティング、陰影、アニメーション最小化など)のみが有効になる。一方「Extra」レベルでは、ほとんどの効果(はためくウインドウ、作業画面切り替えのアニメーション化、透過など)が有効になる。Compiz Fusionにはマウスホイールを使って作業画面をスクロールすることができるなどユーザービリティに関する改善点も幾つかあるが、システム資源にさらに負担をかけるほどのメリットはないと感じたのでわたしは通常はそれらの効果を無効にしたままにしている。もっとも、驚くべきことにわたしのシステムの場合これらのデスクトップ効果を有効にしたまま3Dゲームをしたときにもパフォーマンスの低下は見られないようだった。

 ゲームについて言えば、Neverball、Frozen Bubble、Tux Racer、Chromium、Doom 3をインストールしたところ、どれも期待通りに動いた。なおDoom 3はFeisty上よりもGutsyでの方が実際にやや高速だった。

Ubuntu 7.10シリーズの機能のまとめ

 Ubuntu/Kubuntu/Xubuntu 7.10には共通して、2.6.22カーネル、Xorg 7.3、OpenOffice 2.3、Firefox 2.0.0.6、AppArmorが含まれている。それらに加えて各バージョンには、それぞれを特徴づける機能も幾つか含まれている。

Ubuntu

GNOME 2.20、Pidgin 2.2.1、GIMP 2.4.0-rc3

 高速ユーザー切り替え機能、APT経由のFirefoxアドオンサポート、Tracker検索ツール、Compiz Fusion 3D効果

Kubuntu

KDE 3.5.8、Kopete 0.12.7、Konqueror 3.5.8、Amarok 1.4.7、Kaffeine 0.8.5

 デフォルトのファイルマネジャーとしてDolphinを採用、Restricted Driver Manager、Strigiデスクトップ検索、GDebi(.debインストーラ)

Xubuntu

Xfce 4.4.1、Pidgin 2.2.1、GIMP 2.4.0-rc3

 新テーマ「Murrina Storm Cloud」、APT経由のFirefoxアドオンサポート、Totemメディアプレイヤ、Brasero CD/DVD作成ソフトウェア


関連キーワード

Ubuntu | 不具合


       1|2|3 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -