ニュース
» 2007年11月02日 18時44分 公開

マイクロソフト、SQL Serverの割引キャンペーンを実施

マイクロソフトは11月1日より、旧バージョンのSQL Serverユーザーに対し、最新版へのアップグレードパスを含む割引販売キャンペーンを期間限定で実施する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2007年11月1日から12月31日まで、SQL Server 7.0およびSQL Server 2000からのアップグレードを支援する割引キャンペーンを実施する。2008年に出荷予定の新バージョン、SQL Server 2008へのアップグレード権利付きで、25%の割引価格で現行のSQL Server 2005を購入できる。

 対象はSQL Server 7.0またはSQL Server 2000を利用中のユーザーで、サポートサービスのソフトウェア アシュアランス(SA)と同時に購入する場合。

 SQL Server 2005 Enterprise Editionおよび同Standard Editionと、SQL Server 2005クライアントアクセスライセンス(CAL)をそれぞれ25%の割引価格で購入することができる。

 対象となるライセンスプログラムは以下のとおり。

  • Enterprise Agreement(EA)、Select License
  • Open License Value、Open Value
  • Open License、Government Open License、Academic Open License

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -