ニュース
» 2007年11月13日 16時49分 公開

日立、BladeSymphonyに最新クアッドコア採用モデルなどを追加

日立製作所は、「BladeSymphony」のハイエンドモデルと小型高集積モデルに、クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台およびデュアルコア インテル Xeon 5200番台を搭載できるブレードサーバを追加した。

[ITmedia]

 日立製作所は11月13日、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS1000」と小型高集積モデル「BS320」に、クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台およびデュアルコア インテル Xeon 5200番台を搭載できるブレードサーバを追加したと発表した。

image BS1000

 両製品は、クアッドコア インテル Xeon プロセッサ5400番台を最大2個(最大8コア)、またはデュアルコア インテル Xeon 5200番台を最大2個(最大4コア)搭載できるブレードサーバ。インテル Xeon X5355搭載およびインテル Xeon X5450搭載のブレードサーバに比べて、処理性能がそれぞれ最大約1.3倍に向上した。ブレードサーバ当たりの最大ディスク容量はBS1000では588Gバイト、S320では294Gバイトとなった。

 価格は「BS1000用 x86サーバブレード」が59万8500円から、「BS320用 x86サーバブレード」が21万5250円から。BS1000用は12月28日、BS320用は12月17日に発売する。

関連キーワード

Xeon | ブレードサーバ | 日立製作所


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -